熱海沖で葵の御紋がみつかる
新規投稿者 名無し  投稿日 2/11(土) 16:55:13  返信も含め全削除
 静岡県熱海市沖約10キロの初島近くの海底で、徳川家の三葉葵(みつばあおい)紋が入った鬼瓦など、江戸時代のものと見られる瓦が多数見つかった。

 NPO法人「アジア水中考古学研究所」(福岡市)が確認した。船底と見られる板もあり、江戸城修築用の資材を運んでいた船とみられる。沈没した江戸時代の廻船(かいせん)の一部が積み荷ごと見つかるのは初めてという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120211-00000045-yom-soci

返信する




パスワード

一覧へ戻る】 ※最新の画面を表示するには再読み込みしてください.