皮膚がんの薬がアルツハイマーに効果
新規投稿者 名無し  投稿日 2/11(土) 16:48:06  返信も含め全削除
皮膚がんの治療薬をアルツハイマー病のマウスに投与したところ、症状が急激に改善した。アルツハイマー病を研究する米国の科学者らが偶然これを発見した。

米ケース・ウェスタン・リザーブ大学の研究者らが、皮膚T細胞性リンパ腫(CTCL)と呼ばれる皮膚がんの治療薬ベキサロテンをアルツハイマー病のマウスに大量に投与したところ、72時間以内にマウスの記憶力が劇的に改善し、さらにマウスの脳からアルツハイマー病の顕著な特徴であるアミロイド斑が50%以上除去されていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120211-00000010-cnn-int

返信する




パスワード

一覧へ戻る】 ※最新の画面を表示するには再読み込みしてください.