2010年11月23日

やはり性と表現を議論尽くしていないという印象

成人向け漫画はアダルトコーナーでも良いと思うし、インターネットの過剰な規制もなくなった
しかし、なぜ漫画やアニメで現実の刑事罰を根拠にするのか
そしてそれを賛辞や誇張と悪いもののように扱うのか

成人向けの作品が対象のようだが、レイプなどの作品が悪いという理屈がわからない
そういった内容は賛辞や誇張とされてしまうのだろうか
成人向けで同じレイプものでもここまでは問題なくてここから問題と言う線引を誰がどのような基準で引くのだろう
それこそ不当に表現を規制しているように感じる
このような規制は何がなんでも条例を作ってしまえという一辺倒ではなく、全てを白紙にするくらいの
知恵と勇気が必要だ

> 修正案では規制対象を、刑法や条例に違反する性的行為を過度に描いた作品という趣旨に、より明確化した。

> 改正案は▽法令に触れる性的表現などを過度に含む漫画やアニメを18歳未満が買えないよう、店頭で区分陳列する対象図書などを拡大▽児童ポルノ根絶に向けた都民全体の努力義務▽子供のインターネット利用に関する事業者や保護者らの責務の明示−−などが柱。

> 自主規制対象を「刑罰法規に触れる性交や婚姻を禁止される近親者間の性交を不当に賛美・誇張して描写したもの」などと定めた。具体的には、強姦や児童買春などの違法行為を被害者側が喜んで受け入れていたり、作品の大半を性表現が埋め尽くすものなど。このうち反社会性が著しいものを不健全図書指定の対象とした。

> 都青少年・治安対策本部の担当者は「違法な性行為を不当に賛美や誇張したアニメや漫画だけが対象。表現の自由は侵さない」と話した

<東京都>条例改正案を再提案 性的漫画販売規制で原案修正
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101122-00000095-mai-soci

投稿者 名無し : 00:44 | ニュース


ぷちりん!